ロリポップ独自ドメインの公開フォルダを後から設定する方法

ロリポップサーバー独自ドメインを使ってサイトを立ち上げる時に、公開フォルダを設定する手順をすっとばしてしまった方、おられませんか?

 

私もそのひとりです。

 

初心者ゆえに、なるべく設定をいじらないよう警戒した結果です。

 

ロリポップでは、独自ドメインを設定する際に公開フォルダ名を入れる欄が表示されます。

 

そこを空欄のまま進んでしまうと、ルートディレクトリ(一番最初にフォルダがある場所)にデータがどんどん保存されていく仕様になっています。

 

ロリポップと契約すると無料でもらえるドメインのデータも必然的にルートディレクトリに保存されていく為、ごちゃ混ぜになってしまうわけですね。

 

普通に軽く使っていくには不便もないのですが、サブドメインなどを作成していくつかサイトを運営したい場合に混乱を生じる場合があります。

 

サイトごとに何か設定をしたい場合、フォルダが分かれていた方が当然分かりやすいですよね。

 

少々つまずきはしたものの、意外と簡単な作業公開フォルダを設定し、データ移行する事ができたので、記録がてら手順を記載しておきます。

▽関連記事▽

設置したアドセンス広告を削除できない時
アドセンスにリンクユニットの簡単な作り方
独自ドメインの公開フォルダを後から設定
「ads.txt ファイルの問題を修正」の修正方法
AMPエラー対処法 属性”loading”

広告

手順①FTP専用のファイル転送ソフトをインストールする

FTPとは、サーバーPCの間などでファイルをやりとりする為の通信方法です。

 

公開フォルダを設定し、その中に今まで作成してきたデータを移行するには、ルートディレクトリ上に作ってしまった独自ドメインデータ一旦全て自分のパソコンにダウンロードしなければなりません。

 

その為に必要なのが、FTPファイル転送ソフトです。

 

何種類かありますが、無料ダウンロードできるものもあります。

 

ロリポップの公式HPにFTPS接続対応ソフトが記載してあります。

 

それぞれのソフト設定方法が載っていますので、この中のソフトから選ぶと、初期設定が分かりやすいと思います。

 

ちなみに私はFFFTPというソフトを使わせていただきました。

手順②FTPファイル転送ソフトを起動・初期設定する

FTPファイル転送ソフトを起動し、各種FTPソフトの設定方法→各種FTPソフトの設定方法を参照に初期設定をします。

 

初期設定がうまく行き、サーバー接続されると、ロリポップサーバールートディレクトリが表示されます。

 

ソフトの使い方を参照し、ルートディレクトリに表示されているデータを全てダウンロードしましょう。

 

移行データ

ワードプレスサイトを作っている方は、だいたいこんな感じのデータ一覧が出てくると思われます。

 

これらを全てダウンロードする必要がありますが、ここで、サーバーに繋がらない・ダウンロードが途中で止まるなど、トラブルが生じてつまずく方が多いようです。

 

私もその1人でした。

 

対処方法を載せますのでご参照ください。

サーバーに繋がらない

まず、初期設定入力ミスが無いか、よく確かめましょう。

 

もし初期設定に問題が無かったら、FTPデータ転送モードPASVモード(パッシブモード)にします。

 

FFFTPの場合はホストの設定→拡張タブで設定できます。

 

FFFTP拡張タブ

 

サーバからクライアント(ご自分のパソコンなど)に対して接続要求を行うアクティブモードに対して、クライアントからサーバに対して接続要求を行うのがPASV(パッシブ)モードです。

データのダウンロードが途中で止まる

無事にサーバーに接続でき、ダウンロードを開始しても、途中で

一覧取得に失敗しました

ダウンロードに失敗しました

などのエラーが出て止まってしまう事があります。

 

この場合、Windowsファイアウォールアンチウイルスなどのセキュリティソフトが、FFFTP接続ブロックしている可能性があります。

 

ファイアウォールセキュリティソフトなど、ご自分のパソコンの設定を一時的に変更してみましょう。

Windows10 ファイアウォールを停止する手順

コントロールパネル→システムとセキュリティ→Windows Defender ファイアウォールと進んでください。

 

Windowsファイアウォール設定画面

 

赤枠のところから、ファイアウォールを一時的に無効にして、再ダウンロードしてみてください。

 

うまくいったら、設定を有効に戻す事をお忘れなく!

 

手順③ロリポップサーバーに公開フォルダを新規作成する

ロリポップサーバー!FTPを開き、ルートディレクトリ公開フォルダ新規作成します。

 

公開フォルダ名ドメイン名にすると分かりやすいのでおすすめです。

 

ロリポップFTP

もしくはこちらから。

 

ロリポップFTP2

 

フォルダ新規作成ボタンはこちらです。

 

FTPファイル新規作成

 

ここで作ったフォルダ公開フォルダとなります。

 

フォルダ名は、ドメイン名など中身のデータがひと目でわかるような名前をつけましょう。

 

公開フォルダを新規作成したら、再度FTP転送ソフトを使って、いったんダウンロードした全データを公開フォルダの中にアップロードします。

手順④独自ドメインの公開フォルダを設定する

ロリポップ公式HPサーバーの管理・設定→独自ドメイン設定を開き、公開フォルダを設定したドメインの確認・変更ボタンをクリックします。

 

先ほどデータ移行した新規フォルダの名前を入力し、完了です。

 

公開フォルダ確認変更

注意すること

公開フォルダを設定したら、数分間サイトが表示されません。

 

気になる方は夜中などに行うと良いと思います。

 

データを移行し、無事にサイトが表示できることを確認したら、ルートディレクトリに残ったデータは削除してOKです。

広告
サイト作りのお役立ち情報のアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!