子どものスマホの利用制限!シンプルor高性能なアプリ

小学生や中学生でスマホはまだ早い!

という考えは今の時代古いのでしょうか。

私は自分がアナログ人間な事もあり(ブログはやっているがw)スマホはバイトして自分で稼げるようになってから持てば良いと言う考えです。

ですが…

連絡手段があると、やはり便利なんですよね。

子どもの習い事の送り迎えの時。

出かけていて小学校から帰宅する時間に間に合わなかったりした時。

キッズケータイを持たせれば良いんだけど、常に必要な訳ではなく、時々持たせているだけなんですよね。

親の機種変更で余ったスマホを使わせているという方も多いのではないでしょうか。

うちはまさにそのパターンで、楽天モバイルの一番安いプランを解約しないまま子ども用に置いてあります。

しかし、考えなければならないのが使用制限

制限せずに使わせていると、アプリは勝手にダウンロードするわ、動画は見放題だわでこれまた問題なんですよね。

そこで、今回は子どもにスマホを使わせている方にぜひ読んでもらいたい、効果的に利用制限する方法についてまとめてみました。

 

▽関連記事▽

インスタは何がそんなに楽しいのか?
2020年PayPayは今更初めてもお得なのか?
Amazonプライムビデオを音声だけ流す方法
子どものスマホ 利用制限神アプリ
画質を落とさず長期保存するサービスは?
LINEの文字入力欄が隠れてしまう時の直し方
Googleカレンダー 予定を毎月を隔週で繰り返す方法

広告

iPhoneの利用制限サービス「スクリーンタイム」

iOS12以降で利用できるサービスで、子どもだけではなく、自分のスマホ依存を防ぐ為にも有効なサービスです。

設定→スクリーンタイムで利用できます。

大なり小なり必要とされる制限を全て網羅しているので、家族でiPhoneを使っている方にはとりあえず試していただきたいおすすめのサービスです、

休止時間(使用禁止の時間帯)を設定
深夜など指定した時間帯でアプリが利用できなくなります。

アプリのインストール制限
アプリの iTunes、App Storeでの購入を 「許可」または「許可しない」を設定できます。

1日あたりのアプリの利用時間を制限
「SNS」や「ゲーム」などカテゴリごとに設定できます。

コンテンツとプライバシーの制限
iPhoneの設定を変更できないように、各々の機能を制限できます。

デバイス間で共有
iCloudを通してデバイス間で共有できるので、子どもさんもiPhoneを使っている場合は。子どもさんがどれだけスマホを使っているのか把握できます。

参考:スクリーンタイムApple公式

Androidの利用制限サービス「利用制Googleファミリーリンク」

子どものスマホ利用についてルールを設定できる、Android専用のアプリです。

保護者側はAndroidでもiPhoneでもOKなのが魅力ですね。

利用時間を曜日ごとに制
デバイスに利用時間の上限やおやすみ時間を設定できます。

デバイスをロック
食事中やお友達の家に遊びに行っている時間などに、遠隔操作でスマホにロックをかけることができます。

アプリのインストール制限
Google Play ストアからアプリをダウンロードしようとすると、保護者に通知が届き、そのアプリを許可したりブロックしたりできます。

Google Chromeでのサイトアクセスや検索を制限
成人向けのサイトをブロックします。

子どもの位置情報を確認
お子さんがスマホを持って外出しているとき、位置情報を確認できます。

保護者側はiPhoneでもOK
保護者側の端末はAndroidでもiphoneでもGoogleファミリーリンクを使う事が出来ます。

参考:Googleファミリーリンク公式

親モード・子どもモードで管理できる「Kidslox」

このアプリの良いところは、

  • 親モード
  • 子どもモード
  • 完全ロックモード

とモードをワンタッチで切り替えられるところです。

機種変更をして余ったスマホとは言え、サブのスマホとしてまだまだ親も使ったりしませんか?

そんな場合には、子どもが使う時の仕様と親が使う時の仕様で分けられたら便利ですよね。

Kidsloxで設定できる利用制限

  • 毎日のスマホ利用時間や用途を制限
  • アプリを個別もしくはカテゴリーごとにブロック
  • 宿題の時間、夕食の時間、就寝時間など、家族の時間をスケジュールで管理
  • タイマー設定した時間で「子供モード」や「ロックモード」を作動させることも可能
  • 保護者が設定するKidslox PINで、子供が勝手に制限を変更することを防止
  • 子供による有害なサイトへのアクセスを防止

Kidsloxのデメリット

アプリは無料でダウンロード可能ですが、月額450円かかります。

無料14日間トライアルで利用することができますので、使い勝手がご自分のニーズに合っているかどうか試してみるのも◎

Kidsloxのダウンロードはこちらから

iPhone用:保護者管理アプリケーションKidslox
Android用:
キッズロックス無料ペアレンタル・コントロール

とってもシンプル!無料の利用制限アプリ「Kids Zone」

こちらのアプリは、使っても良いアプリを指定し、それ以外は全て使用できないよう制限するものです。

シンプルですが、塾や習い事の時だけ持たせる場合にはこれでじゅうぶん事足ります。

Kids Zoneで設定できる利用制限

  • 使えるアプリを選択し、他は使用不可にする
  • 利用時間制限を設定できる
  • 秘密のPINコードを設定し、制限を解除されないようにできる

Kids Zoneのデメリット

Android版のみなので、iPhoneの方はお使いいただけません。

Kids Zoneのダウンロードはこちらから

Android用:Kids Zone ペアレンタルコントロール & チャイルドロック

終わりに

子どもにスマホを持たせる前にやっておきたい、利用制限の設定方法についてまとめてみました。

便利だけど使い方を間違えるととんでもないトラブルに巻き込まれかねないスマホ。

与えるだけ与えて放置は大変危険です。

トラブルを避けるためにも、しっかりと親が管理しましょう。

広告
最新情報をチェックしよう!