GoogleフォトとiCloud比較|写真の画質無劣化で長期保管

iPhoneを使っていると、

iCloudストレージの空き領域が不足しています

という警告メッセージが表示された事はありませんか?

 

iCloudとはアップル社提供のデータ保存サービスで、iPhoneやiPad、iPod touchなどアップル社端末で使えるオンラインストレージサービスです。

 

「そんな設定した覚えない」という方も、自動的にiCloudに撮った写真などがバックアップされているはずです。

 

一方、Googleフォトとは、Googleによって提供されている写真、動画用保存ストレージサービスです。

 

自動的に世話を焼いてくれるiCloudとは違い、アプリを立ち上げないとアップロードされません。

 

GoogleフォトiCloud、同じようなオンラインストレージサービスですが、撮った写真画質を落とさず、きれいなまま保存しておきたいですよね。

 

大事な思い出をきれいなまま保管しておくにはどちらを選べばよいのか調べてみました。

 

広告

【結論】Googleフォトの高画質無制限で保存すべし!

結論から言うと、Googleフォトの高画質(無料かつ容量無制限)でどんどん保存していけばOKです。

 

最大1600万画素(16メガピクセル)写真および1080pまでの動画なら無劣化で保管されます。

 

とは言え、具体的にどのような写真の事を示しているのかがいまいちピンとこなかったので、詳しく調べてみました。

Googleフォトで無劣化保存できる写真とは?

現行のスマホタブレットで撮影した写真ならば、たいていの場合1600万画素(16メガピクセル)以下のサイズです。

 

1600万画素(16メガピクセル) を超えるサイズの写真であっても、圧縮をされたとてそんなに画質に変化は見られません。

 

実際、撮影した写真をGoogleフォトアップロード(圧縮)したものと比べてみました。

 

サイズによって何枚か圧縮された写真もありましたが、L版や2L判に現像したところ目で見る変化は感じられませんでした。

 

プロ仕様のカメラで撮影した写真ポスターを作って比較すると、画質に違いが見られるかもしれませんね。

 

広告

iCloudとGoogleフォト 写真の画質

iCloudは、撮影した写真解像度が変更されることはなく、画質劣化の心配はありません。

 

ただし、5GBまでが無料で、それ以上の容量を使用するには月額料金が発生します。

 

Googleフォトは、

  • 高画質(品質を保ちつつファイルサイズが削減されたもの)→無料かつ容量無制限
  • 元のサイズ→15GBまで無料

の2種類あります。

 

※ただし、この15GBは「Googleドライブ」「Gmail」「Googleフォト」の3サービスの合算です。

 

「高画質」では最大1600万画素(16メガピクセル)写真および1080pまでの動画ならオリジナルのまま保存できます。

 

ちなみに1600万画素(16メガピクセル)写真は、最大で約 61.0 cm x 40.6 cm まで引き伸ばして印刷できます。

まとめ

写真の画質の劣化は気にせず、Googleフォトに保存していけばOKです。

 

もし気になる場合は、パソコンからiCloudにアクセスするか、「スマホ同期」などを利用し、DVD-RやポータブルSSDなどに保存しましょう。

スマホのあれこれ

スマホを便利に使うための小技・裏技を集めました。 [sitecard subtitle=スマホ関連情報 url=https://mau-memo.com/Instagram target=][sitecar[…]

広告
写真保存
最新情報をチェックしよう!