飲む日焼け止めの効果 子どもも大人も摂りたい理由

  • 日焼け止めをしっかり塗っていたのに焼けてしまった
  • 日焼け止めを塗っていたら肌が荒れてしまった

という経験はありませんか?

また、野外での活動量が多い子ども達へのUV対策は大丈夫?と不安に思ったりしませんか?

そんな中、注目が高まっているのが飲む日焼け止め
日焼け止めサプリメントです。

オルビスファンケルからも販売されています。

もし、飲む日焼け止めでUV対策ができるのなら、塗り直しの必要もないし、UVクリームで肌荒れを起こしてしまう方にも朗報ですよね。
塗るタイプのものよりは、子どもにも使いやすいのではないでしょうか。

そこで今回は飲む日焼け止め、日焼け止めサプリメントについてまとめました。

自分がいろいろ試した結果のおすすめサプリメントを載せていますので、ご参考になれば幸いです。

▽絶対焼かないUV関連記事▽
雨や曇りの時の紫外線ケア
肌に負担をかけないUVケア方法
敏感肌におすすめな日焼け止め
飲む日焼け止めを併用して完璧UV

▽肌トラブル対処関連記事▽
しつこい湿疹は亜鉛華軟膏で治す!
夏の皮膚疾患◇汗あれ・あせも対策

▽美肌を目指す関連記事▽
手作り化粧水が良すぎる!基本レシピ
最高の化粧水を作る◇有効効果
最高の化粧水を作る◇レシピ集

広告

日焼け止めサプリメント、飲むだけで効果はある?

個人的な意見になりますが、価格帯によって効果に違いがあると思います。

  • ~2千円前後のもの…効果は不明。気休め程度
  • 2千~3千円のもの…飲まないよりは飲んだほうがマシ
  • 5千円~のもの…飲むのと飲まないのでは明らかに違う

どちらにしても、日焼け止めサプリメントだけ飲んでいれば全く焼けない!という事はありません。

完璧にUVカットを求めるならば、あくまでサポート程度と考え、塗るタイプの日焼け止めや日傘、帽子など物理的なUVカット対策と併用するのがベストのようです。

ぜひ子どもに使わせたい!日焼け止めサプリメント

最近の研究で18歳未満の子供時代に浴びる紫外線の量が皮膚がんのリスクを高めることがわかっています。

飲む日焼け止めは、紫外線の蓄積ダメージも抑える効果が期待でき、皮膚がん予防にも繋がります。

皮膚科医の見解では基本4歳以上からサプリメントを飲んでも大丈夫との事です。

子どもに飲ませる日焼け止めサプリメント!選び方や注目すべき点

  • 「ニュートロックスサン」を主成分にしたもの
  • 100%植物由来のシンプルな配合のもの
  • 日本製の安全性が高いもの

主成分は天然素材のもの、シトラスやローズマリーが原材料の「ニュートロックスサン」を主成分にしたものがおすすめです。

国内GMP認定工場」と記載されている高い品質管理基準をクリアした工場で生産されているものが安心です。

おすすめの日焼け止めサプリメント

日焼け止めサプリメント

fine base インナーパラソル16200

60粒入りで7000円ちょっとという値段が難点ですが、効果や安全性を考えるとこれがいちばんおすすめの日焼け止めサプリメントです。

私がいろいろと試した結果、飲み続けていると効果を実感できたのはこちらの商品だけでした。
なんせ高いので、夏だけ利用しています。

日焼け止めサプリメントは水で飲むのが効果的

サプリメント全般に言える事ですが、水で飲むのが効果的です。

お茶などに含まれるカフェインは、栄養の吸収を阻害する成分も存在しますので、効果的に栄養を吸収する為には水で飲むようにしましょう。

日焼け止めサプリメントはいつ飲めば効果的?

サプリメントは空腹時よりも食後に摂ることで他の栄養素と同時に吸収されやすくなると言われており、飲むタイミングは食後がよいとされています。

飲む日焼け止めは、外出2時間前の食後に飲むことが望ましいといえます。

飲む日焼け止め、サプリメントの成分は?

飲む日焼け止めの有効成分は「フェーンブロック」と「ニュートロックスサン」に二分されます。

フェーンブロック

Polypodium Leucotomosというシダ植物から抽出された PLエキス(ポリポディウム・ロイコトモス) という成分です。

ニュートロックスサン

シトラスとローズマリーから抽出したエキスが成分です。
ニュートロックスサンは長期服用しないと効果がないのが特徴です。

日焼け止めサプリメントの効能

フェーンブロックとニュートロックサンの日焼けに対する効果はどちらも同じようなものす。

  • 紫外線により発生する活性酸素を取り除き、シミやしわなどを予防する抗酸化作用
  • 紫外線から守る肌機能を正常に働かせて、炎症による赤みを防止する免疫防御作用
  • 紫外線から 肌細胞を守り、 皮膚がんや紅斑を防ぐDNA保護作用
  • 紫外線によるシワ・たるみなどの老化を防ぐ皮膚構造維持作用

日焼け止めサプリメントの注意点

妊娠中・授乳中の女性は使用を控える

妊娠中はホルモンバランスも乱れやすく、体調も変化しやすいので、サプリメントの影響を強く受けてしまう場合があります。飲む日焼け止めに関しても妊娠中や授乳中の服用は控えましょう。

植物・柑橘類にアレルギーを持つ方は使用を控える

フェーンブロックの主な抽出成分でもある「シダ植物」は、アレルギー性の高い植物からの抽出物なので、発疹や花粉症など、アレルギー症状を悪化させる可能性があります。

ニュートロックスサンの主な抽出成分でもあるローズマリーやシトラスも、アレルギー体質の方は要注意です。

まとめ

飲む日焼け止め、日焼け止めサプリメントは、

塗る日焼け止めやUV眼鏡、UV衣類、帽子、日傘等の併用と長期間の服用で焼けにくくなるという健康食品

と考えるのが良いでしょう。

毎日飲み続ける事で効果が現れてきますので、あくまでサポート程度に活用するのがベストです。
上手に活用して、日焼けのダメージから肌を守りましょう。

広告
最新情報をチェックしよう!