Windows10デスクトップ初期化?PC起動時サインイン不可の対処法

パソコンを立ち上げると、

アカウントにサインインできません
この問題は、アカウントからサインアウトし、もう一度サインインすると解決できることがよくあります。
今すぐサインアウトしない場合、作成するファイルや変更の内容はすべて失われます。

と表示され、Windows10デスクトップ画面に進めないトラブルが起こった時の対処方法を図解していきます。

 

私の場合、古いデスクトップPC稼働中に誤って電源コードを抜いてしまった時に起こりました。

 

警告通りにサインインし直しても解決せず、調べた結果、ユーザープロファイルが破損してしまっていました。

 

新アカウントファイルを作成し、旧アカウントで使っていたデータをコピペするという方法である程度復元できましたので、記録として対処法を記載します。

 

同じようなトラブルでお困りの方の参考になれば幸いです。

▽関連記事▽
ポータブル外付けSSDが認識されない
DELLノートのバッテリーが認識・充電されない
Windows10 サインインできない
ブルートゥースが接続できない

広告

原因はユーザープロファイルの破損

原因はユーザープロファイルの破損によるものでした。

 

ユーザープロファイルとは、ユーザーごとのデータや設定を指し、Windows2000あたりから実装された、PCシェアして使うための機能です。

 

Windows立ち上げ直後にサインイン画面が表示されますよね。

 

そこに表示されるユーザーに、それぞれユーザープロファイルが存在するというわけです。

 

ユーザープロファイル破損してしまっても、使っていたデータはCドライブ内に残っているので落ち着いて対処しましょう。

 

方法はいろいろとありますが、ここでは、他のユーザーでログインし、新たな自分用アカウントを追加してかつてのデータを移植させるという方法を図解していきます。

 

ユーザープロファイル修復方法

新しくアカウントを作る

まずは、サインイン画面左下にある、別のユーザーのアカウントサインインさせてもらいましょう。

 

破損してしまったアカウントの代わりに新規アカウントを作成します。

 

Windowsマーク右クリック→設定アカウントと進みます。

 

設定

 

家族とその他ユーザーその他のユーザーをこのPCに追加をクリックします。

 

アカウントの追加

 

Microsoftのアカウント情報を入力します。

 

アカウントの追加2

 

新しくアカウントが作成できたら、Windowsマーク右クリック→シャットダウンまたはサインアウトからサインアウトし、新しいアカウントサインインしてみましょう。

 

サインアウト

ユーザーデータを移植する

新たにアカウントが作成できました。

 

次に、かつてのユーザーデータを新しいアカウントで使うことができるようにします。

 

PCOS(C;)ユーザーと進みます。

 

ユーザーファイル

 

ユーザーの中には、先ほど作成した新しいアカウントフォルダと共に、今まで自分が使っていたユーザーフォルダもあるはずです。

 

更新日時などを参考にしながら開きましょう。

 

ユーザーファイル

 

前に使っていたアカウント名のファイルをクリックし、

このアクセスする許可がありません。

という警告が出たら、続行をクリック。

 

ファイルが開けたら、表示タブオプションをクリックします。

 

データ移植

 

詳細設定隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示するチェックを入れます。

 

一番下、保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)チェック外します

 

これで、必要なファイルが全て表示されました。

 

データの引っ越し

 

ファイルフォルダーだけをコピーして、新しく作成したアカウント名ファイルの中にペーストし、上書きしたら完了です。


広告

終わりに

無事に復元できたでしょうか?

あれこれやっているうちにデスクトップがきれいさっぱり初期化された?と思ってしまいますが、ユーザープロファイルによる仕組みゆえの結果なので、落ち着いて対処してくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

広告
PCトラブル解決のアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!