リレックス スマイル手術当日の流れ・手術内容を患者目線で記録

次世代レーシックと言われるReLEx® smile(リレックススマイル)の体験談を公開しています。

 

レーシックと違い、口コミ評判などの事前情報が少ない視力回復手術。

 

不安でしたが、受けて良かったです!

 

視力0.1以下乱視持ちでも快適な生活を取り戻すことができました。

広告

リレックス スマイル手術前は待合で待機

リレックススマイル手術当日は車の運転ができません。

 

送り迎えが必要です。

 

病院につくと、名札をつけられてラウンジのような待合スペースで順番を待ちます。

 

ラウンジには他に10人ほどの患者さんが待機していました。

 

視力矯正だけではなく、老眼の手術や白内障の手術を受ける患者さんもおられました。

 

手術の種類によって、名札の色を分けているようです。

 

何分かおきに、看護師さんが巡回して目薬をさしてくれます。

 

この目薬が、麻酔です。

 

このあたりから、

失敗したらどうしよう

後遺症が残ったらどうしよう

などと、だんだん不安と緊張が本格化してきます。

手術室前で待機

ラウンジで2時間弱ほど過ごしたころ、順番がやってきました。

 

簡易な手術着を着せられ、手術室の外の椅子で待ちます。



ここで緊張はマックス



しかし、数分後には生まれ変わっているという希望を糧に、どうにかこうにか気持ちを落ち着かせます。

リレックス スマイル手術の流れ

前の患者さんが終わり、いよいよ自分の番です。

 

なんだか流れ作業感ただよう現場で、手術台に寝転びます。

 

どちらの目かは忘れましたが、片目を金具のような器具で目を開けたまま固定されます。

 

まばたきが一切できなくなります

 

まばたきしているつもりだけど実際はできていない、という歯がゆい感じです。

 

もう片方の目は布のようなものでふさがれました。

 

こうなってはもうまな板の上の鯛です。

 

上には何やら大業そうな装置。

 

フェムトセカンドレーザーという高精度レーザー照射装置です。

 

装置が何事か英語でしゃべります。


ready・・・

という言葉を最後に、下へおりてきました。

 

だんだんとゆっくり下に降りてきて、視界は真っ暗に。

 

先生が位置を調整しているのか、真っ暗な中で緑の丸い点がちょろちょろ動きます。

 

動きが定まると、まわりの看護婦さんたちの30秒カウントダウンが始まりました。

 

30秒間


この間レーザーを照射され、徐々に視界が白っぽくなっていきます。

 

半分ほど経過するともう真っ白。

 

緑の点は完全に見えなくなります

 

真っ白になっても緑の点があった(であろう)場所を見続けなくてはなりません。

 

お医者さん曰く、これが唯一にして最大の重点らしい。

 

カウントダウンが終わると、機械が上がっていき、レーザー照射終了です。

 

視界は白くぼやけて、周りの様子はなんとな~く分かる程度。

 

次は先生の出番です。

 

メスをちょっと入れてレンチクルとやらを取り出すという手作業

 

これが何とも気持ち悪い!!

この件始まって以来の最大の苦痛でした。。。

 

講習会で見たスライドでは、サラッと取り出す画だったのですが、思いっきり目をぐりぐりされ、視界ごと右や左にひっぱられ・・・。

 

感覚的にけっこう長い時間ぐりぐりされた記憶です。

 

正直、かなりの苦行でした。

 

「これもう一回やるのか・・・」という疲労感を感じつつ、もう片方の目も同じ流れを繰り返します。

 

このくだりがリレックススマイル最大のデメリットなのではないでしょうか。

 

全てが終わり、「レーザーもうまく当たったし、成功ですよ」という先生のお言葉にホッとしながら、手術台を降りました。

術後はリクライニングチェアで休憩

看護婦さんに手をひいてもらい、隣りの休憩室らしき場所へ。

 

リクライニングチェアに横になり、術後の様子見です。

 

この時点で視界はまだ白っぽいのですが、眼鏡が無くてもなんとなく見える!

 

30~40分間の休息です。

 

何度か看護師さんが目薬をさしてくれました。

 

傍らにはもう用をなさない眼鏡

 

自分では何もしていないのですが、達成感に満ち溢れていました。

 

目薬3種類もらい、翌日の検査の予約をとったら、迎えの車で帰宅。

 

瞳孔を開く目薬をさしているので、とっても眩しい

 

目を開けていられないぐらいです

 

でも、見える!感動!!

 

その日はとにかく疲れていたので、早めに寝ました。視界も白く靄がかかった感じで、眩しくて。

 

何より「見える」のがとても疲れます。

 


長い間、寝る前に眼鏡を外すとぼやけた世界に戻る生活をしていた為か。

 

知らない間にそれがリラックスタイムへのスイッチになっていたせいか。

 

裸眼なのに、「早くはずしたい・・・・・!!」って感じです。

 

感動やら達成感やら戸惑いの入り混じった気分で、その日は9時前には就寝しました。

 

お読みいただきありがとうございました。
次は、次世代レーシック「リレックス スマイル」経験談!術後経過 編
です!

広告
最新情報をチェックしよう!