アドセンスリンク広告廃止後 リンクユニットの作り方

リンクユニット広告とは、ネット上でよく目にするこのようなタイプの広告です。

リンクユニット広告


2019年4月、アドセンス仕様変更によりリンク広告廃止になったようです。

 

アドセンスでリンク広告コードを作ろうとしても、作成ボタンが見たりません。

 

アドセンス仕様変更

Googleさんはテキスト専用ディスプレイ専用広告ユニット廃止していく方針のようで、今後どのようになるのかは分かりませんが、とりあえず今できる方法を2つ記載しておきますので、参考にしていただければ幸いです。

 

▽関連記事▽

設置したアドセンス広告を削除できない時の対処方法5つ
アドセンスにリンク広告作成ボタンが無い?リンクユニットの簡単な作り方
ロリポップ独自ドメインの公開フォルダを後から設定する方法
Googleアドセンス「ads.txt ファイルの問題を修正」の修正方法 ロリポップ版
AMPエラー対処法 属性”loading”はWPアップデートが原因

広告

WordPressのウィジェットでリンクユニット

リンクユニット広告を作成する方法はいくつかあるようですが、ワードプレスの機能を使ったとても簡単な方法をご紹介します。

広告コードを取得する

新たに広告コードを発行する事から解説していきます。

 

すでにコードを作成している方は飛ばしてください。



まず、グーグルアドセンスを開き、新しくディスプレイ広告を作成します。

 

画面左側のメニューから、広告サマリーと進みます。

 

広告ユニットごとのタブを選択し、ディスプレイ広告をクリック。

 

新しいディスプレイ広告
広告名を適当に記入し、広告サイズレスポンシブに設定しましょう。

 

形はなんでもOKです。

 

新しいディスプレイ広告2

最後に画面右下の作成をクリックします。

 

新しいディスプレイ広告3


広告が作成できました。

 

コードコピーしておきましょう。

ワードプレスのウィジェットで広告を設置する

次に、ワードプレスを開きましょう。

 

画面左側のメニューから外観ウィジェットと進みます。

 

ウィジェット一覧から広告を探し、表示させたい場所のバーまでドラッグします。

 

ウィジェットで広告配置1


広告タグのボックスに先ほど作成してコピーしておいた広告コードを貼り付けましょう。

 

広告フォーマットはリンクユニットを選択します。

 

ウィジェットで広告配置2

広告ラベルとは、広告の上に表示される「スポンサーリンク」などのテキストの事です。必要に応じてチェックを入れましょう。

 

ウィジェットの表示設定まで確認できたら保存して完了です。

広告コードを書き換えてリンクユニットにする

すでに広告を貼っている方は、コード一部を書き換えるだけでリンクユニットに変更できます。

 

リンクユニットに変更する

赤枠のフォーマットのタグを”link”に書き換えます。

 

これだけでリンクユニットに変更できます。

終わりに

アドセンス仕様変更でリンク広告作成ボタンが廃止になってからのリンクユニットの作成方法をご紹介しました。

 

「リンクユニットはアドセンス収益の1割を底上げするユニット」とも言われているため、ぜひ設置しておきたい広告ですよね。

 

私の経験でも、リンクユニットを入れた効果はてきめんでした。

 

今後完全に廃止になるかもしれませんが、それまではストライカーとして働いてもらおうと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

広告
サイト作りのお役立ち情報のアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!