寝付けない!夜中に目が覚めた!眠れない夜に寝る方法

明日は早起きしなければならないのになかなか寝付けない!

夜中に目が覚めてしまって、なかなか寝られない…

 

なんて時ありませんか?

 


まだ夜中なのに、目が覚めてしまう事を中途覚醒といいます。

 

翌日大事な予定がある日に限ってこんな事態に陥りますよね。

 

そんな時に試してほしい、寝付けない時に寝られる方法・やってはいけない事についてまとめてみました。

▽関連記事▽
なかなか眠れない時に寝付く裏技
首・肩こり軽減アイテム「低反発ネックピロー」
不調の原因「脳疲労」の解消法
子どもは正座NG?良い座り方を徹底解明
だるい…眠い…夏バテを治す方法
しもやけ対策!治し方と予防方法
不眠を解消する方法6選

広告

夜中に目が覚めて、寝付けない時にやってはいけない事

まずは、夜中に目が覚めてしまって寝られなくなった時にやってはいけない事から挙げていきます。

時計を見てはいけない

なかなか寝付けなかった時に、ついつい時間を気にして時計を見てしまいますよね。

 

時間がどんどん過ぎていくのに、いつまでたっても眠れないと考えてしまい、これではストレスがたまる一方で、逆効果になってしまいます。

 

目覚まし時計なども視界に入れないようにしてくださいね。

スマホやタブレット、パソコンはやめておく

ついつい時間をもてあまして使ってしまうのがこういった電子機器

 

しかし、これらの画面を見ていると、ブルーライトが刺激になり、脳がますます覚醒していきます。

 

広告

無理に眠ろうと頑張ってはいけない

眠ろう眠ろうと必死に考えて布団の中にいる事は、逆効果です。

 

このストレスがますます入眠を妨げます。

 

寝るという事に集中するのではなく、心身をリラックスさせることに意識を向けるようにしましょう。

寝つきが悪い時、夜中に目が覚めてしまった時に眠る方法

入眠の為に効果的な事をいくつか挙げてみました。

 

ご自分に合った方法を見つけてみてください。

退屈なことをしてみる

退屈な会議、退屈なテレビや映画…。

 

退屈な時に、人間は眠くなるものです。

 

これを利用してみましょう。

暗算をしてみる

300から3ずつ引き算をしてみたり、1から数を数えてみたり。

 

数字について考えてみましょう。

聞きなれた音楽やラジオを聞く

数回聞いたことがあるものが良いでしょう。

 

新しい内容だと聞き入ってしまい、逆効果です。

心身をリラックスさせてみる

心身をリラックスさせる事は、睡眠の質を上げる事にも効果的です。

深呼吸を繰り返す

鼻から吸って、少し息を止め、口から細く吐く深呼吸をやってみましょう。

 

8~10秒ぐらいかけてやると効果的です。

 

広告

布団の中で軽い運動

手先やつま先に力を入れてグッと数秒間曲げ、そのあと力を抜いて伸ばします。

 

これを数回繰り返してみましょう。

イメージトレーニングをしてみる

身体の力を抜き、深く深く沈んでいくイメージを思い浮かべてみましょう。

 

何事も、成功させるには想像力を鍛えることが大切です!

室温・湿度を整える

夜中起きた時、部屋の温度や湿度が適切でなかったりしませんか?

 

寝室環境を快適な温湿度に保つことは、体の眠りへの準備をスムーズにし、深くてよい眠りを促すために必要な事です。

寝るのをあきらめて他の事をする

20分以内に眠れなかったら、いったんベッドから出て、別の部屋で読書など何か刺激にならないことをしてみるのも効果的です。

 

この時、部屋の明かりはほどほどにしてくださいね。

まとめ

寝付きが悪い時、夜中に目が覚めてしまって眠れない時などに試していただきたい方法をまとめてみました。

  • 時計やスマホなどは見ない
  • 暗算や聞きなれたラジオなど、退屈な事をする
  • イメージトレーニングや深呼吸で心身をリラックスさせる
  • 20分以上眠れなかったら他の部屋で気分転換をする

眠ろう眠ろうとすると逆効果です。

 

心身をリラックスさせる事を考えてみてくださいね。

広告
不調を治すアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!