安い電動アシスト自転車を選ぶときの注意点 バッテリー

整備士

こんにちは!

サイクルショップ勤続20年の自転車技師・整備士がお届けする「失敗しない自転車の選び方講座」へようこそ!

 


1990年代に初めて電動アシスト自転車が発売されてから、現在は環境問題や高齢者の運転免許返納など時代の流れもあり、その種類が年々増えてきています。

 

ヤマハPanasonicブリジストンなどは電動アシスト自転車メーカーとして有名ですが、他にもイオンアサヒサイクルなど、比較的安価な量販店オリジナルの電動自転車も販売されています。

 

電動自転車は高価な買い物なので、少しでも安く購入できるのは魅力的ですが、選び方を間違えてしまうと後々の出費が増えてしまい、本末転倒の事態に。

 

そこで今回は、電動アシスト自転車を初めて購入する時にありがちな失敗を防ぐため、安い電動アシスト自転車を選ぶ時に気を付けるべきポイントをまとめました。

▽関連記事▽
電動アシスト自転車の的確な選び方
電動自転車の知られざるメーカー別便利機能
安い電動アシスト自転車はバッテリーに注意
シニア世代用の電動自転車と試乗での確認点
2人の子どもを乗せる電動自転車の選び方

広告

安い電動アシスト自転車はバッテリー容量小さめ

安い=バッテリーが小さい

ママチャリなどの普通自転車と違い、電動アシスト自転車にはバッテリーが装備されています。

 

電動自転車についているバッテリーは、携帯電話のバッテリーと同様に消耗品ですので、当然寿命があります。

 

同じ携帯電話を何年か使い続けると、バッテリーの充電量が減っていき、その結果、機種変更やバッテリー交換をしなければなりませんよね。

 

これは電動アシスト自転車も同じで、乗り続けるといずれはバッテリーを買い替える必要があります

 

これが電動アシスト自転車の維持費という事になります。

【結論】
電動アシスト自転車はバッテリー交換代という維持費がかかる。

電動自転車のバッテリーの寿命・値段は??

バッテリーの寿命と値段

電動アシスト自転車バッテリーは主に「リチウムイオン電池」を使っています。

 

このリチウムイオン電池は、充電できる回数が決まっており、充電回数=バッテリーの寿命と言われていています。

 

充電すればするほど寿命が短くなるという事ですね。

 

ヤマハPanasonicブリジストンなど有名メーカーの電動アシスト自転車に使用されているバッテリーの充電回数は、約700~900回が上限と言われています。

 

安価な量販店オリジナルのものは、だいたい300~500回が上限です。

 

その回数以上に充電したところで、一回の充電で走る事ができる距離は購入した頃に比べて約半分です。

 

ちなみに電動自転車バッテリー値段一個約3~4万円で、頻繁に買い替えられる値段ではないですよね。

 

【結論】
バッテリーの寿命は頻繁に充電すればするほど短くなる。
バッテリーの買い替え
には3~4万円かかる。

安い電動自転車を選ぶ時に注意するポイント

注意するポイント
安い電動アシスト自転車バッテリー容量が小さめです。

 

長距離を毎日のように乗る方は、後々かかってくるバッテリー交換代を考えると、多少高価になってもバッテリー容量の大きい車種を選んだ方が良いでしょう。

 

逆に、近距離移動に使う方や、使用頻度の低い方は、安い電動アシスト自転車も選択肢に入れてOKです。

 

ヤマハPanasonicブリジストンのおすすめモデルはこちらの記事をご参照ください。

関連記事

こんにちは!サイクルショップ勤続20年の自転車技師・整備士がお届けする「失敗しない自転車の選び方講座」へようこそ!  電動アシスト自転車の有名メーカーと言えば、パナソニ[…]

メーカーオリジナル機能

 

ライフスタイルを考慮して、電動アシスト自転車の車種を検討してくださいね。

広告
バッテリー
最新情報をチェックしよう!