ママ必見!子どもに片付けを習慣付ける方法と言葉がけ

こんにちは!
執筆者のmauです。

何度言っても子どもがおもちゃの片付けをしなくてイライラ。
ごはんの時間になっても片付かず、散らかった場所での落ち着かない食事にイライラ。
言葉を荒げてしまい、疲労&自己嫌悪。

子どもが散らかすのは当たり前と言えども、ストレスたまりますよね。

今回は、子どもが上手に片付けできるようになる方法や言葉がけについてです。

試してみる価値あり!です。

▽関連記事▽
読書感想文を短時間で簡単に書けるコツ&本の選び方
習字・書初めを上手に書くコツと持って行き方
長い休み・時間を持て余した時におすすめの遊び方
子どもの反抗期!やり過ごし方・乗り越え方
幼稚園生活をトラブル無く平和に過ごす為の極意
子どもの片付けを習慣付ける方法・言葉がけ

広告

おもちゃの数・収納場所を見直し、片付けの環境を整える

片付けを上手にしてもらう為には、片付けの環境を整える事が重要です。

例えばおもちゃの量
小さい頃に買ったおもちゃを、とりあえず増えるままにとっておいていませんか?

年齢に見合わないもう使わない物は、リサイクルショップに持って行く、誰かに譲る、バザーに出すなどして、思い切って処分してしまいましょう。

よくよく見ると壊れていたり、部品が足らなくて使えなかったりするおもちゃもあったりします。無駄におもちゃの量を増やすと片付けが大変になりますので、断捨離しましょう。

また、片付けやすく、取り出しやすいように、収納場所の7~8割程度までにおもちゃの量を調整しましょう。
成長に合わせて、片付けやすい高さに収納場所を配置してあげる事も重要です。

きれいに片付いたところを写真に残しておく

「片付けなさい」という声掛けより、具体的に何をどうすれば良いのかを教えた方が子どもは動きます。

そこで、見本を提示するのはどうでしょうか。

例えば本棚や文房具の引き出しなど、きれいに整理整頓された写真を残しておきます。
それを見本にすると、具体的に分かりやすいですよね。

身の回りの整理整頓ができる人は頭の中も整理整頓ができる、とよく言われます。

片付けのやり方も、何でもかんでも箱にぶち込むのではなく、整理整頓しながら片付けていくように声掛けしていきましょう。

きれいに片付いたらほめる

ほめる事は子どものモチベーションを上げる為にも重要です。
とは言え、ほめる側もイライラしている時などはほめにくいもの。
そんな時の声掛けは、

「よし!」

だけでも良いと思います。

余裕のある時にはさらに「きれいな部屋は気持ちいいね~」「お母さん嬉しいわ」などと、片付ける事へのプラスイメージを子どもに意識付けていきましょう。

とにかく根気強く続けることです。

一旦片付けてから、次のものを出すように促す

言わずもがなですが、次から次へとおもちゃを出すと、散らかり放題荒れ放題で、片付けるのが大仕事になってしまいます。

大人も子どもも、長時間かかるであろうしんどい作業はやりたくないですよね。

そうならないように、今使っているおもちゃに飽きたようなら、次のおもちゃに手を出す前にまず片付けるよう声掛けをしましょう。

片付けをゲームにしてみる

親が気持ちに余裕がある時は、「誰が一番たくさんおもちゃを片付けられるかな?」などと、片付けをゲーム仕立てにしてみるのも効果的です。

子どもはみんな、「よーいドン!」が好きですよね。
遊びの中でルールを学んでほしいですね。

5分タイマーセット

子どもの集中力やる気は長時間維持できません。

「片付けをゲームに仕立てる」にも通じるやり方ですが、片付けの時間が来たら、5分間のタイマーをセットし、短時間で片付ける練習しましょう。

最初は少ししか片付けられないでしょうが、毎日5分の小さな習慣の積み重ねで、徐々に片付けられる量が増えていきます。

まとめ

毎日の片付けからはいろいろと学ぶものがあります。

  • 整理整頓する判断力
  • ものを大事にする心
  • 自分がやった事への責任感

などなど。

片付けられる人に育てる為に、根気強く教えていきましょう。

広告
最新情報をチェックしよう!