栗の見分け・保存・糖度を上げて美味しく食べる方法

秋にしか食べられない味覚のひとつとして、欠かせない

 

せっかくなら美味しく、長く楽しみたいですよね。

 

秋の味覚「」のおいしさを最大限に楽しめるように、今日はについて調べてみました。

関連記事

[sitecard subtitle=食の裏技・役立ち情報 url=https://mau-memo.com/glowing-juice/ target=][sitecard subtitle=食の裏技・役立ち情報 url=http[…]

そうめん
広告

美味しい栗の見分け方

スーパーでを買ってきたらすぐに水をはった容器に浸してみましょう。

 

新鮮な栗は中の実がしっかり詰まっている為沈みます

 

収穫から時間が経っている栗は実が縮んでおり皮と実の間に空間が生じているので、浮いてきます

 

スーパーなどで買ってきたものは、浮き上がる栗が少なければ当たりですね。

良い栗

  • 大きくてツヤがあり、重みのある栗
  • 平らな部分がへこんでいない、丸みのある栗
  • 茶色い色が黒くくすんでいない栗

悪い栗

古い栗や傷んでいる栗の特徴をまとめました。

  • 穴やキズがある栗

  • 色が黒ずんでいる栗

  • 平らな部分がへこんでいる栗

栗の正しい保存方法

は皮を剥いて常温で放置してしまうと鮮度は2日しか保たないと言われています。

1週間以内に食べる場合

乾燥をふせぐ為に密封できる袋などに入れ、冷蔵庫で保存しましょう。

 

大量にある場合は大きめの鍋などにをはり、を浸しておきましょう。

 

水をこまめに替える事がポイントです。

1か月保存する場合

を皮ごと洗い、ひとつずつ水気を取りましょう。

 

新聞紙にくるみ、密封できる袋などに入れ、冷凍庫で保存します。

半年保存する場合

の皮をむき、水をはった鍋などに入れていきます。

 

全て剥き終えたら丸洗いし、ざるにあげます。

 

密封できる袋などに入れ、栗の量の2割程度の砂糖を投入し、袋を振って砂糖にまぶします。

 

なるべく空気を抜いて冷凍保存しましょう。

凍った栗の解凍や使い方は?

凍ったまま茹でたり蒸したりすることができます。

 

20~30分ほど常温で解凍すると、鬼皮・渋皮ともに剥きやすくなります。

栗の糖度を上げて美味しく食べる方法

に含まれているデンプン質はサツマイモのデンプン質と似ていて、収穫してすぐに食べるより、収穫後に寝かせる事でデンプンが糖に変わり甘味が強く感じられるようになります。

 

栗拾いなどで拾ったが卵を産み付けていたりするので、寝かせる前に熱湯2~3分茹でるかでしっかり洗って下処理をしておきましょう。

天日干しする

冷蔵庫冷凍庫で保存する前に、下処理をした栗の水気を拭いて新聞紙などにならべ、1日天日干しします。

 

新鮮なのほくほく感は無くなりますが、実の水分を蒸発させて、うまみを凝縮させる事で甘くなります。

冷蔵庫のチルド室で寝かせる

ためしてガッテンでやっていた技です。

 

下処理をして水気をとった密封できる袋などに入れ、冷蔵庫のチルド室パーシャルルームで寝かせます。

 

を0度で保管すると、中の糖分は、3日で2倍、1か月で最高の4倍まで上昇します。

 

カビが発生する場合があるので、家庭では2週間までを目安にしましょう。

栗は栄養価が高い!

にはビタミンCカリウム食物繊維といった栄養成分がまんべんなく含まれています。

 

ビタミンCはりんごの約8倍、食物繊維はセロリの約2.8倍ととても豊富です。

 

の主要成分はデンプンで、ビタミンCはこのデンプンによって守られるため、加熱しても壊れにくく体に摂取しやすい特徴があります。

栗は太る?カロリーは?ダイエット向き?

主要成分がデンプンなので、炭水化物です。

 

カロリーは中サイズ1粒で27kcal、大サイズで37kcal。5~8個食べると、ご飯一膳とだいたい同じカロリーという事になり、栗=高カロリーな事が分かります。

 

間食として食べ過ぎると確実に太ると言えるでしょう。

 

ただ、ビタミンなどの栄養価も高くて食物繊維も豊富な上、GI値は60と、ごはんやパンよりは低いという点で、置き換えダイエットに向いている食材だといえます。

 

栗やさつまいもの不溶性食物繊維を取りすぎると、体質によっては逆に便をかたくしてしまったり、下痢になったりするのでご注意ください。

栗のカビや緑色の栗

黒カビがはえてしまったは、中の実にまでカビがまわっている場合もあり食用には適しません

 

黒カビは毒性が強く、完全に取り除く事は不可能です。

 

ちなみに、を茹でるとが黒っぽくなる場合もありますが、これはカビではありません

 

表面に薄く生えるふわふわとした白いカビは洗うと落ちる場合が多く毒性も弱めです。

 

皮をむいてみて、中身に異常が無ければ食べてもOK。

 

全体が緑色の栗は、若い栗の証拠で害はないので食べられます。

終わりに

栗を美味しく食べる方法など、栗の様々な情報をまとめてみました。

 

秋に旬を迎える栗。

 

ひと手間加えて甘味をアップし、美味しくいただきまししょう。

秋の味覚トリビア

甘くてジューシーだけど、すっきりとした味わいが嬉しいナシ。 老若男女問わず人気のフルーツです。 そんな梨ですが、日持ちがしないのが難点ですよね。梨はどこがい[…]

秋の味覚トリビア

秋の味覚の代表格であるさつまいも。 美味しいだけではなく、栄養も豊富で、朝食やおやつに最適です。 そんなさつまいもですが、少しの手間を加えると甘味がアップし、もっと美味しくいた[…]

さつまいもを美味しくする方法
秋の味覚トリビア

秋にしか食べられない味覚のひとつとして、欠かせない栗。 せっかくなら美味しく、長く楽しみたいですよね。 秋の味覚「栗」のおいしさを最大限に楽しめるように、今日は栗について調べてみま[…]

栗を美味しく食べる
広告
栗を美味しく食べる
最新情報をチェックしよう!