小学5~6年生の読書感想文におすすめの本と書き方 小学校高学年

こんにちは!
執筆者のmauです。

読書感想文を書きやすい、読みやすくおすすめな本を、本のジャンルと学年ごとにご紹介しています。
書き方のコツやポイントも紹介していますので、参考になれば幸いです。

今回は小学高学年、5~6年生向けの本です。

大人が読んでも心に刺さるお話を選んでみました。
良い1冊を見つけるお手伝いができたら幸いです。

▽関連記事▽
読書感想文を短時間で簡単に書けるコツ&本の選び方
読書感想文におすすめの本・書き方◇小学校低学年1~2年
読書感想文におすすめの本・書き方◇小学校中学年3~4年
読書感想文におすすめの本・書き方◇小学校高学年5~6年
読書感想文におすすめの本・書き方◇中学生
読書感想文におすすめの本・書き方◇高校生

習字・書初めを上手に書くコツと持って行き方
長い休み・時間を持て余した時におすすめの遊び方
子どもの反抗期!やり過ごし方・乗り越え方
幼稚園生活をトラブル無く平和に過ごす為の極意
子どもの片付けを習慣付ける方法・言葉がけ
 
 

広告

感動系・ほのぼの系が好きな子におすすめの本

しずかな日々

しずかな日々
しずかな日々

本の内容

おじいさんの家で過ごした日々。ぼくは時おり、あの頃のことを丁寧に思い出す。ぼくはいつだって戻ることができる。あの、はじまりの夏に――。
自分の毎日が、はじめて意味を持ったものとなる、「人生のはじまり」の季節をむかえた主人公の夏休みの日々を描いた感動作。

読書感想文◇書き方のポイント

なんでもない毎日を過ごした夏休み。主人公は、豊かな自然や気の合う仲間とどのような時間をすごしたのか考えて書いてみましょう。
当たり前のような日々の中で、自分だったらどんな事を得ることができるか、想像して書くのもいいですね。

シャイローがきた夏

シャイローがきた夏
シャイローがきた夏

本の内容

ある夏の日、11歳の少年マーティは、散歩の途中で、やせ細ったビーグルの子犬に出会います。普段からひどい目にあわされているのか、マーティが近づくと後ずさり、声も出しません。
家計が苦しく、ペットが飼えないマーティは、子犬に「シャイロー」と名を付け、秘密の場所でこっそり世話をすることにします。
しかし、シャイローを守るためにはつきたくもない噓をつかなくてはならず、さまざまな困難がつきまといます。
それまで大人のいうことに疑問をもったことのなかったマーティは、「本当に正しいこと」とは何だろう? と考えはじめます。

読書感想文◇書き方のポイント

マーティがシャイローと出会い、どんな風に成長していったか考えて書いてみましょう。
様々な困難を乗り越えるために、自分だったらどのような行動をとるか、想像して書くのもいいですね。

友情・人情系が好きな好きな子におすすめの本

シャーロットのおくりもの

シャーロットのおくりもの
シャーロットのおくりもの

本の内容

アメリカの古典ファンタジー。
静かな農場の納屋に住む子ブタのウィルバーとクモのシャーロット。ある日シャーロットは、ハムにされる子ブタを救うため、「奇跡」をおこします。

読書感想文◇書き方のポイント

動物、人間、それぞれの生き方に注目し、絆がどのように強まっていくのか考えて書いてみましょう。
個性豊かなキャラクターに、自分だったらどのように接していくかを書いてみるのもいいですね。

卒業の歌 ぼくたちの挑戦

卒業の歌 ぼくたちの挑戦
卒業の歌 ぼくたちの挑戦

本の内容

入院中のおばあちゃんに歌をつくった翔太と麻里絵。その話を聞いた友だちの滝田が、校内合唱コンクールの自由曲もクラスの創作曲で挑戦したいと言い出した。何をやってもビリで、やる気もまとまりもない6年3組。だれもが無理だと思っていた。ところが、いつもはやる気のないボスが滝田の提案にのって、創作曲をつくることが決まった。歌の作詞は翔太、作曲は麻里絵。しかも歌詞は、クラス全員が一言ずつだしあってつくることになり……翔太は思わぬ展開に頭を悩ませる。
家族、クラス、そして友達。それぞれのつながりのなかで成長していく翔太。卒業を迎えるクラスの姿、子供たちのさまざまな思いを描いたさわやかな作品。

読書感想文◇書き方のポイント

主人公やクラスメイト達の心情が、どのように移り変わっていくか考えて書いてみましょう。
本を読み終えて、自分が今後どのように行動したいと思ったか、主人公に重ねつつ書いてみるのもいいですね。

冒険・不思議系が好きな好きな子におすすめの本

願いがかなうふしぎな日記

願いがかなうふしぎな日記
願いがかなうふしぎな日記

本の内容

おばあちゃんからもらった日記に書いた願いごと。日記に書くと、ふしぎなことにその願いごとがかなっていく。
もう一度おばあちゃんに会いたい、両親が仲直りしてほしい、泳げるようになりたい…。そして、光平にはどうしても実現させたい願いがあった。

読書感想文◇書き方のポイント

不思議な日記を手にした主人公の男の子。自分だったらどんな願い事を書くのか想像して書いてみましょう。
主人公の心情にもよりそい、どんな場面で共感したか書くのもいいですね。

二分間の冒険

二分間の冒険
二分間の冒険

本の内容

たった二分間で冒険?信じられないかもしれません。でもこれは、六年生の悟に本当におこったこと。体育館をぬけだして、ふしぎな黒ネコに出会った時から、悟の、長い長い二分間の大冒険が始まります。

読書感想文◇書き方のポイント

学校の一風景からいきなり別世界の深い森の中に飛ばされた主人公。自分だったらどのような行動をとるのか想像して書くのもいいですね。
物語の中で投げかけられる問いの答えを自分なりに考えて書いてみましょう。

広告
読書感想文 の コツびアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!