中学生の読書感想文におすすめの本と書き方のコツ・ポイント

こんにちは!
執筆者のmauです。

自分が今まで読んだ本の中から、読書感想文を書きやすい、読みやすくおすすめな本を、本のジャンル学年ごとにご紹介しています。
書き方コツポイントも紹介していますので、参考になれば幸いです。

今回は中学生向けの本です。

物語の中に秘められたメッセージ性の強いものをピックアップしましたので、読んだ後は様々な感想が浮かんでくるのではないかと思います。
良い1冊を見つけるお手伝いができたら幸いです。

▽関連記事▽
読書感想文を短時間で簡単に書けるコツ&本の選び方
読書感想文におすすめの本・書き方◇小学校低学年1~2年
読書感想文におすすめの本・書き方◇小学校中学年3~4年
読書感想文におすすめの本・書き方◇小学校高学年5~6年
読書感想文におすすめの本・書き方◇中学生
読書感想文におすすめの本・書き方◇高校生

習字・書初めを上手に書くコツと持って行き方
長い休み・時間を持て余した時におすすめの遊び方
子どもの反抗期!やり過ごし方・乗り越え方
幼稚園生活をトラブル無く平和に過ごす為の極意
子どもの片付けを習慣付ける方法・言葉がけ

広告

感動系・ほのぼの系が好きなタイプにおすすめの本

アルジャーノンに花束を

アルジャーノンに花束を
アルジャーノンに花束を

本の内容

32歳になっても幼児なみの知能しかないチャーリイ・ゴードン。そんな彼に夢のような話が舞いこんだ。大学の先生が頭をよくしてくれるというのだ。これにとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に検査を受ける。やがて手術によりチャーリイの知能は向上していく…天才に変貌した青年が愛や憎しみ、喜びや孤独を通して知る人の心の真実とは?全世界が涙した不朽の名作。

読書感想文◇書き方のポイント

知的障害の主人公が書く文章から始まりるので、最初はめちゃくちゃですが、だんだんとしっかりした文章になっていきます。この変化に沿って、主人公の考え方はどのように変化していったのか書いてみましょう。
本当の幸福とは何か、自分の身を振り返って書いてみてもいいですね。

心晴日和

心晴日和
心晴日和

本の内容

クラスの女子からいじめられ、孤独を感じている14歳の美輝。ある日病院で出会った井之尾という不思議な老人に、「自分のかわりに春を感じるものを見つけて写真に撮ってきてほしい」というお願いをされる。言われるがままに外に出てみると、美輝は今まで殺風景だった通学路に春があふれていることに気がつくのだった。道ばたに咲いている花、車のボンネットで昼寝をする猫、河原で野球をする半袖姿の少年たち…。心が晴れた記念日―その日が美輝の心晴日和になった。小さな心がけ一つで幸、不幸はコントロールできる。

読書感想文◇書き方のポイント

メッセージ性の強い本なので、物語の中で心に残った文章や、共感できるものを読書感想文の中に入れて書くといいですね。
この本を読んで、この先自分がどんな事を心がけていくべきか考えて書いてみるのも◎

 

友情・人情系が好きなタイプにおすすめの本

きみの友だち

きみの友だち
きみの友だち

本の内容

わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる――。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない……。優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。

読書感想文◇書き方のポイント

十人十色というように、人間10人いたら10色の個性があります。
自分の友達の事をひとりひとり思い起こして、それぞれの人となりを書いてみましょう。
読み終えて、今後自分がどのように友達に接していくかを書いてみるのもいいですね。

つきのふね

つきのふね
つきのふね

本の内容

あの日、あんなことをしなければ…。心ならずも親友を裏切ってしまった中学生さくら。進路や万引きグループとの確執に悩む孤独な日々で、唯一の心の拠り所だった智さんも、静かに精神を病んでいき―。近所を騒がせる放火事件と級友の売春疑惑。先の見えない青春の闇の中を、一筋の光を求めて疾走する少女を描く、奇跡のような傑作長編。

読書感想文◇書き方のポイント

個性的な登場人物たち。それぞれがかかえる思いは物語の中でどのように交差しているのか考えて書いてみましょう。
この本で語られる心の強さ、弱さについて、自分の身を振り返って書いてみるのもいいですね。

冒険・不思議系が好きなタイプにおすすめの本

カードミステリー―失われた魔法の島

カードミステリー―失われた魔法の島
カードミステリー―失われた魔法の島

本の内容

北欧からギリシャへ、美しい母を求めて12歳の少年と父は旅してゆく。息子だけが手にした「魔法の本」、父だけが語ることのできる哲学と智恵、そして二人を過去の魔法の守り手たちに結びつけた、謎の小人の冷たい手…。魔法と現実が緻密に織り合わされた、みずみずしいファンタジー。ノルウェーで二つの賞を受賞した他、ヨーロッパ各国で話題の物語。

読書感想文◇書き方のポイント

少年が体験した不思議な出来事。物語が進むにつれて、少年がどのように変わっていくのか注目して書いてみましょう。
魔法の本と父の哲学。この物語のテーマはいったい何なのか、作者が伝えたいメッセージは何なのか、考えて書いてみましょう。

夢見る水の王国

夢見る水の王国
夢見る水の王国

本の内容

少女マミコは、渚に漂着した木馬と壊れた角を見つける。気がつくと彼女は、時の止まった海岸にいた。マミコの真っ黒な影が立ち上がって分身となり、悪魔の子マコを名乗る。角を抱き「世界の果てに名前と角を捨てに行く」と言い、水平線の彼方へかき消えてしまうマコ。だが、角をとられた木馬が、白毛の馬となって現れる。少女と白馬は、マコを追って時の止まった海へと駈けだして―。

読書感想文◇書き方のポイント

ひとつの人格がふたつの存在に分かれ、それは現実と幻想であったり、善と悪であったりと、正反対のもの。 ここから読み取れる作者のメッセージや、物語のテーマを考えて書いてみましょう。
旅が進むにつれて、主人公の心情はどのように変化していったかを想像して書くのもいいですね。

広告
読書感想文 の コツびアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!