ハイドロハイターの正しい使い方!サビや黄ばみの落とし方

今回は還元型漂白剤についての記事です。

塩素系漂白剤や酸化型漂白剤に対して聞きなれない還元型漂白剤

有名なのは花王ハイドロハイターですが、使い道についての詳細は分からない方も少なくないのではないでしょうか?

ちなみにハイドロハイターとは、一見液状の漂白剤っぽいですが、粉末です。

どういう仕組みでシミを落とし、どのような汚れ・シミに有効なのでしょうか。

また、効果をじゅうぶんに発揮するため、使う前に確認しておきたい正しい使い方についても調べてみました。

 

このページでは

ハイドロハイターの特徴と使える衣類

ハイドロハイターはどんな汚れ・シミに有効?

ハイドロハイターの正しい仕様手順

ハイドロハイターの効果的な使い方

について解説しています。

 

還元型漂白剤【花王】ハイドロハイター

還元型漂白剤ハイドロハイター
広告

還元型漂白剤の特徴と使える衣類

物質と酸素を結びつける反応を利用して色素を分解する酸化型漂白剤反対で、 物質から酸素を除去 する還元作用を利用して、色素を分解するのが還元型漂白剤です。

 

還元型漂白剤は色そのものを変色させるので、色柄物には使えません。

 

また、ボタン、ファスナーなどの金属製の付属品を劣化させてしまう場合もあるので、金属製の部品が付いている衣類にはおすすめできません。

 

しかし、水洗いできるものならば、綿・麻・化学繊維・ウール・絹といった全ての白物衣類に使えます。

還元型漂白剤はどんな汚れ・シミに有効?

サビ(錆)汚れ

錆びた金属に触れて黄色く変色した衣類などを還元作用により白く戻すことができます。

 

お風呂や洗面所のもらい錆

お風呂や洗面所にヘアピンを置きっぱなしにして、錆がついてしまった事はありませんか?

「もらいさび」とも呼ばれますよね。

このような錆汚れを落とす時にもハイドロハイターが有効です。

 

トイレタンクの水受け部

鉄分などのミネラル成分がさび付いた黒ずみや黄ばみにも有効です。

トイレタンクの水受けの黒ずみや黄ばみの上にお湯をかけ、ハイドロハイター(還元型漂白剤)を撒いて放置すると、漂白されます。

 

広告

塩素系漂白剤による樹脂加工品(ワイシャツの襟・袖など)の黄ばみ

白物の衣類に樹脂加工がされていると、塩素系漂白剤黄色く変色してしまいます。

 

例えば、ワイシャツ

 

ワイシャツの襟や袖は、型崩れを防ぐ為に樹脂加工が施されていたりします。

 

皮脂汚れを落としたいが為に、このようなワイシャツを塩素系漂白剤につけると、逆に黄ばんでしまうんですね。

 

これらを還元型漂白剤(ハイドロハイター)の還元作用により白く戻すことができます。

白物と色柄物を一緒に洗った時の色移り

白いシャツを、デニムなどの色物とうっかり一緒に洗ってしまい、色移りしてしまった!という経験は誰しもあるかと思います。

 

このような色移りも、ハイドロハイターで白く戻す事ができます。

靴下や作業着などの赤土による泥汚れ

赤土の泥汚れは酸化鉄由来の汚れである為、還元型漂白剤の還元作用により白く戻すことができます。

 

靴下や作業着など、固形石鹸でも落ちないような汚れの最終兵器としてハイドロハイターを使ってみるのもありです。

 

広告

還元型漂白剤ハイドロハイターの正しい使い方

液剤の飛び散り対策でエプロンを着用しましょう。

 

また、液剤から手を守る為にもゴム手袋は必須です。

 

ハイドロハイターは、お湯で使うのが基本です。冷めやすい冬などは少し温度が高めのお湯を用意しましょう。

 

火傷に注意してくださいね。

 

ハイドロハイターで漂白する時の手順

  1. 規定量の40℃ぐらいのお湯を用意する。
  2. 規定量の漂白剤を溶かす。
  3. 衣類を漬け込み、30分程置く。
  4. 汚れが落ちたのを確認したら、水でじゅうぶんにすすぐ。
  5. 洗濯表示に従って干す。

還元型漂白剤ハイドロハイターのもっと効果的な使い方

1回の使用で落ちなくても何度か繰り返してみる

1回で真っ白になってくれない場合は、何度か繰り返してみてください。

 

2~3日おきに塩素系漂白剤と交互に使うという方法もあります。

洗濯機での便利な使い方

白戻ししたいワイシャツなどがたくさんある時は、洗濯機ですべて終わらせるのが便利です。

 

ハイドロハイターを洗濯機に入れて使う手順

  1. まず洗濯機に40度~50度の湯を溜めます。
    お風呂場が近い場合はシャワーで直接注いでも◎。
  2. 還元系漂白剤ハイドロハイター規定量入れて白物を投入し、蓋を閉めて1時間ほど放置。
  3. 排水し、すすぎをしてから洗剤を入れて普通に洗濯します。

 

広告

布以外の漂白にはこの方法が便利

浴室や洗面所などのもらいサビは、こちらの方法をお試しください。

 

お湯に浸した雑巾を利用した手順

  1. 洗面器などに雑巾を入れ、熱いお湯をかけておきます。
  2. 浴室や洗面所などのさびや汚れを落としたい部分にハイドロハイターをかけます。
  3. 熱湯を含んだ雑巾をその部分に置き、数時間放置します。

ペースト状にして塗る手順

少量のお湯で溶いてペースト状にし、さび部分に塗って数時間放置しておきます。

終わりに

塩素系漂白剤や酸化型漂白剤で落ちなかったシミや汚れに試していただきたい還元型漂白剤(ハイドロハイター)についてまとめました。

 

特殊な漂白剤で、市販されている種類もまだ少ないですが、全ての白物に使えたり、変色を回復させたりとメリットはたくさんある事が分かりました。

 

容器に記載してある使用上の注意点をしっかり守って、便利に使いましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

水溶性シミの落とし方
みそ汁・コーヒー・水彩絵の具etc

油溶性シミの落とし方
チョコ・口紅・油性ペン・クレヨンetc

タンパク質シミの落とし方
血液・便・皮脂・母乳etc

不溶性シミの落とし方
泥・墨汁・香水・埃・さびetc

タンニン系染みの落とし方
カレー・くだもの・ワインetc

塩素系漂白剤

前回の記事では、漂白剤の種類やそれぞれの性質についてまとめました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://mau-memo.com/bleach/ target=] 今回[…]

シミの落とし方のアイキャッチ画像
酸素系漂白剤

前回の記事では、塩素系漂白剤の正しい使い方や特性についてまとめました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://mau-memo.com/bleach2/ target=]&[…]

シミの落とし方のアイキャッチ画像
広告
シミの落とし方のアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!