酸素系漂白剤は液と粉を使い分けて効果的にシミを消す|洗濯の小技

前回の記事では、塩素系漂白剤の正しい使い方や特性についてまとめました。

関連記事

前回の記事では、漂白剤の種類やそれぞれの性質についてまとめました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://mau-memo.com/bleach/ target=] 今回[…]

シミの落とし方のアイキャッチ画像

 

今回は酸素系漂白剤についての記事です。

 

塩素系漂白剤は、漂白力が強い為、真っ白な物にしか使えません。

 

酸素系漂白剤は比較的漂白効果がおだやかで、染料を脱色しないので、白物にはもちろん色柄物にも使用することができます。

 

酸素系漂白剤には粉タイプ液体タイプの2種類があります。

 

それぞれの薬剤に違いはあるのでしょうか?

 

また、酸素系漂白剤でも変色トラブルが起こったりする事もあるのでしょうか?

 

 

などなどの疑問も解決していき、酸素系漂白剤正しい使い方どのような汚れに効果的なのかなど詳しく解説したいと思います。

 

  水溶性シミの落とし方  
みそ汁・コーヒー・水彩絵の具etc

  油溶性シミの落とし方  
チョコ・口紅・油性ペン・クレヨンetc

 タンパク質シミの落とし方 
血液・便・皮脂・母乳etc

  不溶性シミの落とし方  
泥・墨汁・香水・埃・さびetc

 タンニン系染みの落とし方 
カレー・くだもの・ワインetc

広告

酸素系漂白剤 粉末と液体の違い

粉末タイプ液体タイプでは、主成分や使い方が異なります。

粉末タイプ(アルカリ性)

粉末タイプの酸素系漂白剤は、水やお湯に溶かすことで発生する活性酸素の酸化作用で漂白します。

 

お洗濯にはもちろん、お風呂掃除や食器洗い、カビ取りや除菌など様々な用途に使われます。

 

液体タイプに比べて漂白力が高いのが特徴です。

液体タイプ(酸性)

漂白剤+洗剤成分の液剤です。

 

液体タイプの酸素系漂白剤は、粉末タイプより漂白力は少し劣ります。

 

しかし、ウールやシルク製品などの動物繊維にも使えます。

酸素系漂白剤はどんな汚れに効果的?

主成分も液性も全く違う、粉末タイプと液体タイプ。

 

それぞれどのような汚れやシミに効果的に働くのでしょうか?

粉末タイプ

弱アルカリ性の性質を持つ粉末タイプの酸素系漂白剤は、油汚れや皮脂汚れなどの酸性の汚れ、時間がたってしまったシミ等に効果を発揮します。

液体タイプ

ニオイや雑菌が気になる布に、普段のお洗濯にプラスして使う事で効果を発揮します。

 

また、安全性が高い主成分なので、シミ部分に直接原液を塗って放置してもOKです。

酸素系漂白剤の効果的な使い方

色柄物にも安心の酸素系漂白剤。

 

どのような使い方で効果的に漂白できるのか、まとめました。

粉末タイプ

酸素系漂白剤をお湯に溶かし、シミや汚れのついた衣類を浸す、つけ置き洗濯がおすすめです。

 

漂白効果をしっかり引き出す為に、お湯の温度は40℃~60℃にしましょう。

 

粉末酸素系漂白剤でのつけ置き洗い手順

  1. 洗濯して落とせる汚れを全て落とす。

  2. 40~50度のお湯に規定量の酸素系漂白剤を溶かす。

  3. 約1時間つけ置する。

  4. しっかりすすいで脱水し、干す。

液体タイプ

粉末タイプと同様、温水で使ったほうが効果的です。

 

普段のお洗濯の時、洗剤にプラスして洗浄力アップ+除菌・殺菌効果を狙う使い方がおすすめです。

 

規定量を洗剤と一緒に洗濯機に入れて使いましょう。

 

また、部分的なシミには直接塗り、30分ほど置いてから洗濯機でまわしましょう。

酸素系漂白剤で黄色く変色してしまった

色柄物にも使える、トラブルの少ない酸素系漂白剤ですが、使い方を間違えると黄色く変色してしまう場合もあるので注意が必要です。

黄色く変色する理由

漂白、または洗濯した後、すすぎが足りずに液剤が衣類に残ったまま天日干ししてしまうと、乾く時に紫外線と反応して黄色く変色してしまうそうです。

 

すすぎは十分に行い、陰干しすることをおすすめします。

黄色く変色してしまった時の直し方

アルカリ化が原因なので、まずは中性洗剤(食器用洗剤等)でよく洗い、クエン酸や酢を入れた酸性水につけこんで中和し、洗濯機でまわしましょう。

まとめ

今回は色柄物でも使える便利な酸素系漂白剤についての記事でした。

 

しかし、同じ酸素系漂白剤でも液体タイプと粉末タイプは主成分の全く異なる漂白剤です。

  • 粉末タイプはつけ置きでしっかり漂白。
  • 液体タイプは普段の洗濯洗剤と併用し、除菌・殺菌効果をプラス。

それぞれの特性を理解し、上手に使い分けましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

塩素系漂白剤

前回の記事では、漂白剤の種類やそれぞれの性質についてまとめました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://mau-memo.com/bleach/ target=] 今回[…]

シミの落とし方のアイキャッチ画像
酸素系漂白剤

前回の記事では、塩素系漂白剤の正しい使い方や特性についてまとめました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://mau-memo.com/bleach2/ target=]&[…]

シミの落とし方のアイキャッチ画像
還元型漂白剤ハイドロハイター

今回は還元型漂白剤についての記事です。塩素系漂白剤や酸化型漂白剤に対して聞きなれない還元型漂白剤。有名なのは花王のハイドロハイターですが、使い道についての詳細は分からない方も少なくないのではないでしょうか?ちなみにハ[…]

シミの落とし方のアイキャッチ画像
広告
シミの落とし方のアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!