設置したアドセンス広告を削除できない時の対処方法5つ

サイト運営には欠かせない広告配信サービスGoogle AdSense

 

手動で広告を設置し始めた時に陥りがちですが、目的の場所に広告を入れたいとあれやこれや試行錯誤するうちに、サイトが広告だらけになっていたりしませんか?

 

挙句の果てに、「ここの広告どうやって入れたんだっけ?」と消し方すら分からない広告が現れたりすることも。

 

そんな、配置した覚えのない広告が表示され、削除の方法が分からない時に試していただきたい対処法を5つご紹介します。

 

▽関連記事▽

設置したアドセンス広告を削除できない時の対処方法5つ
アドセンスにリンク広告作成ボタンが無い?リンクユニットの簡単な作り方
ロリポップ独自ドメインの公開フォルダを後から設定する方法
Googleアドセンス「ads.txt ファイルの問題を修正」の修正方法 ロリポップ版
AMPエラー対処法 属性”loading”はWPアップデートが原因

広告

自動広告をオフにする

手動の広告に混ざってアドセンス自動広告が表示されているかもしれません。

 

自動広告設定オフになっているか、確認してみましょう。

 

グーグルアドセンスを開き、広告サマリーサイトごとタブ→サイト名の右側にあるペンのマークをクリックします。

 

自動広告をオフ

 

サイトの設定を確認し、自動広告オフにしておきましょう。

 

自動広告をオフ

グーグルアドセンス申請時のコードを削除する

グーグルアドセンス審査申請中、貼っておいたコードがありますよね。

 

「コピーして貼り付けるだけの簡単な手順です。HTMLのHTMLの<head>~</head>タグの間に貼り付けます」という初心者にとっては無慈悲なあの作業です。

 

貼りっぱなしだと、審査通過後に自動広告表示されてしまう場合があります。

 

ワードプレスであれば、外観テーマエディターテーマヘッダー(header.php)を開きます。

 

中身はお使いのテーマ(サイトのテンプレート)によって様々ですが、<head>~</head>に貼ってある審査用コードを消し、保存しましょう。

審査用コードの削除

私が使わせてもらっているテーマ、Cocoonでは、設定の中のアクセス解析・認証設定の中にアドセンス審査用コードを貼り付ける場所が用意されていました。

 

意図しない広告が表示されている場合は審査用コードの削除も試してみてくださいね。

ウィジェットを見直す

ワードプレスにはウィジェット広告を表示する機能があります。

 

入れた覚えのない広告は、もしかしたらウィジェットで設置したものかもしれません。

 

外観ウィジェットを開き、右の場所一覧バーをひとつひとつ確認してみましょう。

 

ウィジェットを確認

ワードプレスやテーマをアップデートする

クロームなどのブラウザや、ワードプレス、テーマが最新バージョンであるか確認し、もし未更新ならアップデートしてみましょう。

 

ワードプレスの更新確認はダッシュボード更新から行えます。

ワードプレスをアップデートする際には、バックアップをお忘れなく!

キャッシュを削除する

クロームなど、お使いのブラウザキャッシュや、ワードプレステーマキャッシュを削除してみましょう。

 

ワードプレスキャッシュを削除するには、

WP Super Cache

というプラグインが便利です。

終わりに

身に覚えのない広告が表示されている時に試していただきたい対処方法をご紹介しました。

 

原因究明に疲れてしまった方に、少しでもお役に立てたら幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

広告
サイト作りのお役立ち情報のアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!